このエントリーをはてなブックマークに追加

英語と日本語の関係

子供英語教室のようなものが都心部を中心に営業しています。
子供に語学をマスターさせたいと思っている人の中には、このような子供英語教室で学ばせたいと思っている人もいるかもしれません。
しかし一方で、幼児期に語学教育をさせることに反対と考えている人も少なくないようです。

その理由と言われているのが、他の言葉を学ばせることで、肝心の日本語をしっかりとマスターすることができなくなるのではないかという不安を持っている人が多いです。

幼児期に語学を学ばせることによって、日本語がおかしくなるような事態は実際に起きるのでしょうか?

しかし子供の耳と言うのは、0歳から3歳まででその時に聞いた言語を聞く能力だけを獲得してしまう傾向があります。
3歳以降になって、なかなかそこから外国語をと言っても、なかなか聞き取りができなくて苦労してしまうケースが多いのです。

そうなってしまってからでは遅いのです。

3歳までの幼児と言うのは、特殊な言語能力を有していると言われています。
この限られた期間の中でどのように教育をするかということについてきちんと理解をしましょう。
英語をたくさん吸収することで、英語を聞く能力を自然と養うことができます。
そうすれば、子供の将来における可能性をアップすることにもつながっていくのです。

しかしここで重要なことは、日本語もしっかりと教育することが重要です。

もし英会話の方だけに熱心になりすぎてしまって、肝心の日本語で話す機会がほとんどないような状況になれば、今度は日本語を聞き取りする耳を失ってしまいます。
そうすれば、日本語を話すことができなくなる恐れもあります。
しかしもし日本で暮らしていて、家族が日本語をしゃべるのであれば、それほど心配する必要はないでしょう。
英語を聞かせること以上に、子供の周辺には日本語に触れることができる環境が十分に整っているからです。

このため、普通に日本国内で暮らしている分には、日本語の喋り方が英会話を教育していることによっておかしくなることはないと思って下さい。
しかし子供英会話をどのように教育すればいいのか分からないと言う人もいるでしょう。
子供英会話教室に通わせるのもお金がかかると思っている人も多いでしょう。
最初の内は、1日に1回、決まった時間に英会話の収録されているCDもしくはDVDを聞かせるようにしましょう。
そして英語を聞く機会を子供のために確保するように意識することが重要なのです。

Copyright (C)2018お手軽英会話!語学学習を楽しもう.All rights reserved.